スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
布団のお手入れについて
ブログランキング


布団のお手入れのとき皆さんはどうやってますか?
 
一般的にはお天気の日にベランダに干しているのではないでしょうか。
これは別に間違いじゃないのですが、布団の種類によってはやり方が違う場合があります。
 
普通の綿の布団ならそのままでもいいのですが、
羽根布団や羊毛布団の場合はそのままではダメです!
 
羽根布団や羊毛布団の場合は、布団にシーツやカバーをかけて
直接太陽の光が当たらないようにしないといけません。
 
それに、干している時間も1時間ぐらいにしないといけません。
できれば、日陰の風通しの良い場所が本当は理想です!
 
熱しすぎるとそれぞれの布団の持っている機能性を損なってしまい、
長期間使用できなくなります。
 
それから、 布団圧縮袋などにも入れて保管してはいけません
シーツか風呂敷で包んで保管するようにしてください。
 
羽根布団については、空気を全部抜かずに1/4程度の厚みにすればぎりぎりOKです。
 
それと、どの布団についてもそうなんですけど、
干した後に、 布団叩きでバシバシ叩くのはもってのほかです
↑意外と知らない人が多いです。
 
布団を叩くと、中綿が壊れたり、羽がつぶれるので布団の機能性を損ないます。
また、叩けばホコリがいっぱい出ますがそれは中綿が壊れたのが出ているだけです。
 
ですから、天日干しが終わったらホコリを手で払って、
後は、軽く掃除機をかけるようにしてください。
 
布団もちゃんと扱ってあげれば長く使う事ができるので正しい方法を覚えて置いてください。
 
 
 


ブログランキング


もっと詳しく知りたい方はこちらでどうぞ
スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

【 2007/06/29 19:38 】

| マットレス | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<女性特有の眠りについて | ホーム | 快眠グッズのご紹介~フトン屋さんのおすすめ商品の販売~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futooon.blog107.fc2.com/tb.php/20-14f1a549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ラムファーはいつもさらさらで爽やかな肌触り。これは高い吸放湿性のおかげです。一般にラムファーはナイロンの4倍、アクリルの7.5倍、ポリエステルの15倍の吸湿性を持っています。その上、放湿性も高いので吸収した水分を中にためずに発散し、いつもさらさら快適です! サ シーツの思い入れ【 2007/07/21 20:35 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。