スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
良好な睡眠は脳のリラックスで 続き!
前回の続きです!!
 
 
■夜寝る前にイヤな事やイヤな人を思い出すのは右脳が興奮しているから。

 そこで、寝る前にベッドに横たわりながら、
 右脳を簡単にリラックスさせる方法をご紹介したいと思います。

 前回はこのようなお話をさせていただきました。



■まず、体の右側を上にして横たわります。

 そしてゆっくりと鼻で呼吸をしてみましょう。
 

 ただそうするだけで、右脳に直結している右鼻の息の通りがよくなり、
 右脳に十分な酸素が届けられるのでリラックスしていきます。


 そして、頭につきまとう嫌なイメージが次第に抜けていくのを感じ、
 眠りにつきやすくなるのです。
 
 ⇒こんなの使うと便利です


■人間の脳はイメージをつかさどる右脳と、言葉や数字をつかさどる左脳に分かれています。


 そして右脳は左半身と連携し、左脳は右半身と連携しているのですが、
 じつは鼻だけは違い、右脳は右鼻に、左脳は左鼻につながっているのだそう。

 これはちょっと驚きですよね。

 
 そのため、右脳をリラックスさせたいときは、
 右鼻の呼吸がスムーズに行えるような体勢を作ればいいわけなのです。


 もし、寝る前に誰かの言葉が気になったり、売上のことが不安になったりしたら、
 言葉や数字をつかさどる左脳が興奮している証拠。

 そんなときは体の左側を上にして横たわり、鼻からゆっくりと呼吸をしていけば、
 左脳がリラックスして眠りにつきやすくなるのです。
スポンサーサイト
【 2007/09/29 15:10 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
良好な睡眠は脳のリラックスで
今日は良質な睡眠についてお話します!!
 
 
 
■寝る前に嫌なことを思い出してしまうことってありませんか?

 「明日はイヤな上司とずっと同行だ・・・」

 「明日はお客様のところにクレームのお詫びに行かなければ・・・」

 こうしたネガティブなイメージほど、簡単には頭から離れてくれないもの。

 
 ましてや寝る前にそんなことが頭をよぎってしまうと、
 なかなか寝つけなくなってしまうというのは誰でも経験のあることではないでしょうか。


 寝るときくらい忘れさせてくれ~!!
 と、つい叫びたくなってしまいますよね(笑)


■夜、嫌な人の顔や嫌な場所の風景などが思い浮かんで眠れないというときは、
 イメージをつかさどる右脳が興奮している状態にあります。


 そこで、寝る前にベッドに横たわりながら、
 右脳を簡単にリラックスさせる方法をご紹介したいと思います。
 
 
続きはまたあとで・・・
 
 
 
 
【 2007/09/29 15:02 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。